こんにちわ!こんばんわ、おはようございます!

スマホアプリ、「荒野のコトブキ飛行隊 大空のテイクオフガールズ!」にて同盟「エーデルリッター」を管理しているディセンダーです!

今回は第三回になります同盟戦「富嶽襲来」のレポートとなります。



hugaku3



今回よりランキングが実装され、富嶽司令機戦の戦績ポイントを同盟メンバー上位10名の合計点によってランキングが競われる仕様へと変わりました。

当同盟では最終的に「64位」という事で、上位100の中に入る事が出来、尽力してくれた同盟メンバーの皆さんに改めてお礼を申し上げたいと思います。

さて、今回の富嶽戦ですが、ランキング制によって前回前々回よりも富嶽を沈める時間、そして自身と支援部隊双方の合計耐久値が重要となるものでした。


富嶽の右翼左翼を早期に潰す事によって本体への与ダメージが上がるようになったものの、中央の機銃3個のスペシャルスキル発動の速さに加え、とくに左翼は早期に撃破しないと富嶽全部位に強力な継続回復効果が付いてしまう等、「部位破壊する順番」がポイントとなっていました。

私自身は同盟内ランキングにおいて「2位」を取得し、ある程度の全様が見えてきたものの、私の部隊の火力不足に悩まされる事となりました。

富嶽司令機においては有利色が「緑」という事、そして緑属性のパイロットが50%能力アップという事で、これも重要なファクターだったと思います。

自身の部隊と支援部隊双方の「火力」が求められ、有利色のパイロットを編成出来ないと苦戦する内容になったかと思います。



さて、では今回の富嶽の全様をまずは把握して見てみたいと思います。


hugakumidori1


富嶽(司令機)は主にこのようになっており、このほか、各部位パッシブスキルとして一定時間後SP上昇を持っていたと思われます。

発信機を攻撃中にあまりにも早い機銃からのスペシャルスキルに苦労した船長さんも居たかと思います。

故に、味方全機の「火力」が求められたという事だと思います。

さて、倒す順番ですが、私個人の感覚としてまずは継続回復のスペシャルスキルを持つ左翼発信機に始まり、右翼発信機を味方支援部隊に任せ、右翼方面にスペシャルスキルを放つ機銃2、次いで機銃3、最後に機銃1という運びで破壊していました。

ここで重要なのが、支援部隊側、もしくは自身の部隊のいづれかに今回富嶽戦より実装された限定パイロットである「真夜中の悪戯・シアラ」が編成されているかどうかです。



kotobuki20191221_0001



今回実装のシアラはスペシャルスキルで敵全体の回避を低下させ、パッシブスキルでは敵にSP障害を与える能力を有します。

早期撃破において敵の防御を下げるシアラのスキルは必須であり、クリアタイムに大きく影響するものとなりました。

また、富嶽の各機銃より放たれるスペシャルスキルよりも早く両翼の発信機を潰す必要があり、全体的な火力も欲しく、能力上昇機体が現在最高レベルの強さを持つ「震電」であるシアラは支援、火力ともに優秀である事が判明しました。

私がメンバーの支援部隊を借り、司令機を撃破したタイムは最速で残り「4分15秒」台前後です。

支援部隊は自身で標準を変えれない事もあり、支援部隊が最初に何処を狙うかも重要になってきます。

運も左右する富嶽戦ですが、「真夜中の悪戯・シアラ」の編成と自身の有利色パイロットの育成により比較的高ポイント狙う事が可能であった今回の同盟戦はランキングの実装と重なって非常に有意義なものとなったと思います。




以上、久しぶりの掲示板更新となりました。

それでは皆さん、良い空の冒険を!