当同盟掲示板をお越しの皆さん、お疲れ様です。

掲示板管理者、ディセンダーです。

本日は2019年4月30日から同年5月15日まで行われた決戦イベント、「決戦!ハルカゼ回想録」のレポートになります。



pso20190318_212516_00801





決戦系イベントの第3弾ということですが、今回この3弾より新システムが導入されました。

過去行われた2回の決戦ではメダル交換所があり、メダルを集めて交換所のアイテムを入手するシステムでしたが、今回より「BOXガシャ」が導入され、決戦メダルを集めてBOXガシャを引く方向へとなりました。

交換所よりも大量の報酬が用意され、長期に渡ってイベントの存在感を立たせるようになり、目玉報酬であるパイロットのマリアも★5まで昇格できるように入手出来る機会が与えられた良イベントになりました。

このBOXガシャも10BOXまであるものの、7BOX以降については必要性をあえて低下させ、イベントに縛られすぎないよう配慮してある内容となっています。

私個人の戦績としては、



BOXガシャ:9BOX目

任務報酬:全て完了(決戦イベントでの敵機破壊3000達成)

目玉報酬:マリア★5完了

決戦壱~参全てクリア



と、なっております。

今回は決戦参のレポートを主に行っていきます。

手配書25枚で挑戦出来る決戦:参は前回同様敵機50の殲滅戦となりますが、この決戦で鬼門となるのが中盤の敵増援パイロット「タツマサ」です。

このタツマサは敵機全体の攻撃力をアップさせるバフを行う為、早期に撃破出来ないと自軍側が壊滅へと追い込まれてしまいます。

私は最初、この決戦:参を全て自動で行っていたのですが、この中盤からのタツマサの処理遅れや効率の悪い迎撃工程に悩まされ、1回目では全て倒しきれずに終わるパターンが続出していました。

そこで、今回はスペシャルアタックの自動発動を手動に切り替えで挑む事にしました。

しかし、それでも勝率が上がったものの、1回ではクリア出来ず、時間切れになるパターンが出ていたのは事実です。


まずは中盤にて出現する敵パイロット「タツマサ」の位置を確認します。



keltusenn0031


タツマサの出現位置は毎回ここだった為、恐らくは固定であると思われます。

そして、決戦:参が一度の出撃でクリアしきれないパターンとして、以下の状況が目立ちました。




keltusenn00312


タツマサ出現の真逆で雑魚との戦闘状態にあり、タツマサへの対応が遅れた事による味方機の撃沈が響いて火力が下がり、1回でのクリアが出来なかったケースがありました。

こうなると、例えスペシャルアタックを手動にした処で雑魚処理が間に合わず、時間を浪費する結果へと繋がりました。

戦闘機の場所については操作が出来ない為、やや運に左右される戦闘になりやすいのが決戦の特徴ではないかと思います。

一方、一度の出撃でクリア出来たケースとしては次の事が挙げられます。




keltusenn00313



マップ中央からタツマサ出現位置の右側で戦闘が出来ていた場合、この瞬間にスペシャルアタックの一斉発射をしてタツマサを即撃破、攻撃バフを妨害する事でこちら側の生存率が上がり一揆に押し切れるパターンもありました。

戦闘する場所によって1回でのクリアが出来たり出来なかったりという事を繰り返す内容となりましたが、敵機撃退報酬も無事に完遂する事が出来、今回のイベントも満足の行く結果になりました。

決戦:参についてはクリア時のメダル獲得数が非常に多い為、3回までの出撃であればメダルだけを見れば黒字だと思われます。

しかし、討伐数を稼ぐ場合は1回でのクリアが出来ない場合は非効率な為、今回のイベントは6BOX目のマリアが入手出来た時点で決戦:参を卒業して安定の決戦:弐で討伐数を稼ぐ方が精神衛生上良いと感じました。






以上で「決戦!ハルカゼ回想録」のレポートを終了します。

御覧くださった皆様、ありがとうございました。