おはようございます!こんにちわ、こんばんわ!

荒野のコトブキ飛行隊 大空のテイクオフガールズ!の同盟、エーデルリッターの管理者、ディセンダーです。

2019年3月20日から2019年3月30日21時59分までの期間に行われた「襲来!トゲネズミ団」のレポート記事となります。



pso20190318_212516_0062




今回のイベントは怪盗アカツキの拠点があるエリア「インノ」において空賊である「トゲネズミ団」が襲来、これを撃破していくのが主な活動内容となります。

インノエリア探索(出撃)中にて確率で出会うトゲネズミ団を駆逐し、討伐回数とメダルを稼いで報酬と交換する今回のイベントですが・・・・・、非常に「運」が絡む難しいイベントでした。

私が最終的に倒したトゲネズミ団の討伐回数は以下の通りとなります。




トゲネズミ団幹部討伐数:63回

トゲネズミ団副団長討伐数:31回

トゲネズミ団団長討伐数:11回



あくまで推奨戦力ですが幹部が35000、副団長が50000、団長が65000以上の戦闘力が基準となっています。

イベントが始まった当初の私の戦闘力が70000丁度あたりだった為、戦闘力については申し分ありませんでした。

空賊討伐は戦闘による結果判定によりステージ報酬が決定される為、例え負けても判定結果分の報酬は手に入るという手厚い恩恵がある一方、確率による空賊の遭遇の為、前回の記事でも書いた通り出る時は出る、出ない時は本当に何も出ないと1日の活動の中で大きく波が生じてしまったのが非常に苦しいものとなりました。

トゲネズミ団の撃退回数では幹部が50回討伐で報酬打ち切り、副団長が30回、団長が20回で報酬が打ち切りとなるのですが、団長の出現が大空賊警報の時にしか出ず、その大空賊警報も通常の空賊の遭遇率以上に低いのもあり、最終的には討伐回数が足りない結果となりました。

本イベントの目玉と言われている★4ブースターは装甲型の強化パーツであり、区分は「旋」という事で、強化時に機体の「旋回能力」を底上げする強化値が付きやすいものでした。

装甲型の強化パーツは機体の生存率が大きく上がる為、非常に有用ではあるのですが、ネックなのが「旋」グループに所属してるパーツである事。

「耐」の区分であればかなり強い★4ブースターになったかとは思いますが、バランスを考慮したのか、今回は控えめな報酬だったかなと個人的には思います。

一方空賊メダルの方で手に入る報酬の中には安定の「金のドードー像」があり、私はこっちを目玉報酬として見ていました。

今現在私が保有する★3(最高レア)のパイロットは以下の通りです。(2019年3月31日現在)



・パンケーキ:キリエ

・秘めた思い:エリカ

・涙の大掃除:リッタ

・冷血な指導者:イサカ

・ただいま!:ガーベラ

・𠮟咤号令:エンマ

・令嬢の微笑み:エル

・魅惑の踊り子:ザラ

・孤高の闇医者:カラン

・大切な仲間:ダリア

・美しき輝き:リガル

・運命の出会い:ユーカ




★3のパイロットは非常に強力ですが昇格(レア度上昇)をしないとスキルも戦闘力も制限される仕様上、どうしても昇格の材料となる「金のドードー像」が欲しい私にとって、いつか緩和されるであろう★4ブースターよりも優先すべき報酬です。

そんな事もあり、後半は団長の討伐数を稼ぐよりも、いち早く「金のドードー像」の入手ラインであるメダル1500枚に向けて無差別に討伐を繰り返す方向に方針転換しました。

結果的には討伐数こそ及ばなかったものの、目的である空賊メダルの獲得数は達成する事が出来、「金のドードー像」を始め、スキルを上昇させるアノマロパン・黄や製造キッド等、実用性の高いものを獲得する事が出来ました。

今回は運が非常に強く絡むイベントとなり、人によっては努力ではどうにも出来ない偏りのあるイベントとなってしまった訳ですが、「荒野のコトブキ飛行隊テイクオフガールズ!」はまだ2019年2月13日に始まったばかりの雛鳥スマホアプリです。

今後結果も踏まえ、様々な改善やイベントが発信されていくと思いますが、プロデューサーレターによる今後の展開も少しですが公開されました。

カナリア自警団に続く新しいグループのパイロット集団も出る可能性も示唆していましたから次の展開も楽しみにしつつ、少しずつ着実に自分の戦闘力の向上に努めていこうと思います。




今回のレポートは以上となります。

最後まで御覧いただき、ありがとうございました!