荒野の飛行隊同盟エーデルリッター

(C)BANDAI NAMCO Entertainment Lnc.より提供されているスマートフォンアプリ、「荒野のコトブキ飛行隊 大空のテイクオフガールズ!」にて活動している同盟(チーム/ギルド)、エーデルリッターの案内掲示板となります。

当掲示板に来て下さった皆さん、お疲れ様です!

「荒野のコトブキ飛行隊 大空のテイクオフガールズ!」にて同盟「エーデルリッター」の管理者をしているディセンダーです。

今回は2020年3月11日より開催された初の同盟戦イベント「争奪戦」のレポートとなります。



soudatu1




この争奪戦イベントは、マッチングによって組まれた3つの同盟とマップ上の拠点を奪い合う100%対人のイベントです。

決戦期間の2日の間に如何にして他2同盟から拠点を奪い勢力を拡大させていくのかを競うものでした。

今回は前哨戦第一試合、参加の受付期間が2020年3月11日より行われ、マッチングの期間が同年3月13日、そしてマップ上に用意した5つの部隊を設置していく準備期間でもって、来たる同年3月14日に開戦という流れです。

当同盟は星(黄色)チームという事で、南側の陣地より東西の敵陣に攻めていく構図となりました。

プライバシーの関係上、組まれた2つの同盟については詳細は伏せますが、その動き等も解説していきます。

当同盟は最終的に2位という結果になり、全体同盟ランキングでは「39位」というトップ50に入る快挙となりました。


_20200322_155116

soudatusen21



しかし、ここに至るまでの道のりはとても痛々しく、全ては私の判断ミスにより盟友の皆さんに辛い戦いを強いた事は事実です。

そんな私の判断ミスの中、崩壊した陣地を立て直してくれた盟友の皆さんには心より感謝したいと思います。本当に、ありがとうございます。

さて、では対峙した2同盟について私個人の感想を残そうと思います。



まずは「月(青)」チームについてです。


私達との戦いの末、1位を獲得したチームとなります。

富嶽同盟戦においてもトップ100内に余裕で君臨する強チームであり、洗礼された部隊が目を引くチームワークの良い処でした。

一言で言うと「したたかな」チームと言えると思います。

初番、小競り合い程度の仕掛け方でこちらと敵赤チームの双方に進行、とくに攻め入る事も無く領土の維持に努めて地盤硬めをしていました。
そんな地盤硬めが功を成し、こちら側の弱い部分をついた青チームは急激に私達の領土に侵攻、こちらの防衛拠点を2つとも奪取する事に成功し、一揆に点数を伸ばしました。

その後、盟友の奮闘によってこちら側は防衛拠点の1つを奪還するものの、既に崩壊した領土を元に戻すには時間も力も無く、そのまま私達を押し切って1位の座を手にした同盟でした。

APの使用タイミング、攻めるチャンスを的確に把握し、計画的に動いていた様を見て、よく統率が取れていると感じた次第です。




次に「太陽(赤)」チームについてです。


こちらは私達との戦いの末3位となった同盟です。

最下位の同盟ではありますが、争奪戦個人ポイントでは1位であり、個人戦績トップ30のランキングにおいてもっとも点数が高かったのが印象的です。

時間的な制約でもあったのか、攻め方に鈍化を感じたものの防御面においては「青」チームよりも固く、自分達の防衛ラインをしっかり決めて「これ以上攻めてきたら何としても取り返す」を徹底していた処でした。

一時は私達が赤チームの防衛拠点を制圧したものの一晩の内に取り返された事から防御面においては迅速に動いていたと思います。

また、「青」チームに対しても臆する事無く攻めていく場面もあった事から統率さえ取れていれば、あわや1位の座も狙えたのではないかと思える同盟だったのではないかと感じます。





この争奪戦イベントは本来は第二試合まであったのですが、この第一試合後の混乱によって急遽中止が発表される事態となりました。

中止の内容について「張り付いていないといけないわずらわしさ」と「連携の取りにくさ」を公式では上げていましたが、実際の処は恐らく、各同盟内において結果による責任の追及や活動の乏しかったメンバーへの弾圧等、様々な要因があったように思います。

それを証拠に今回のトップ100にランクインした同盟において複数個所で「穴」が発生する事態が見て取れました(2020年3月19日時点)。

当同盟では争奪戦の中身、その失態については全てリーダーを務める私の責任であり、盟友達は何一つ悪くはないという事、そして、絶望的な状況下においても、なお「それでも」と力を奮ってくれた盟友達に対して感謝を伝えるチャットを添えさせていただきました。

共に歩き、戦ってくれた仲間達への感謝と敬意こそが、私はこういった対人戦には必要だと思います。

目の前の結果も確かに大事かもしれません。
しかし、そんな結果さえ仲間達が居なければ達成する事さえ出来ない事を、私達リーダーを務める者は心に刻むべきだと思います。

皆が安心して過ごせる同盟を。

それを再度、心に刻めた新しく、良いイベントでした。





以上、「第一回・争奪戦」のレポートを終わりたいと思います。

それでは皆さん、良い空の旅を!











当記事をご覧の皆さん、お疲れ様です!

スマホアプリ、「荒野のコトブキ飛行隊 大空のテイクオフガールズ!」にて同盟「エーデルリッター」の管理を務めるディセンダーです。

本日は2020年2月17日~同年2月28日まで行われた第四回となります同盟戦イベント、「富嶽襲来」のレポートとなります。




hugaku4



今回より富嶽司令機について難易度が更に増え、「高難易度」の上に「超高難易度」が追加されました。

これにより司令機撃破の際、難易度ボーナス点も「高難易度」が40000点、「超高難易度」が60000点となり、ランキング競争にて以下にして「超高難易度」の司令機を解析し、早期撃破が可能かが問われるものとなりました。

今回の有利色が「黄」という事もあり、緑や青と比べ、決定的な戦力がやや乏しい中、自身の部隊や支援部隊の構成・・・・・、特にパイロットスキルの有効性を理解する必要が色濃く出た難しいイベントになったと思います。

当同盟では今回「141位」という事で前回と比べ順位を大きく落としたものの、難易度が上がった今回のイベントにおいても同盟メンバーの皆さんが頭を悩ませながら挑戦してくれたであろう結果に満足しています。

司令機の出現にも尽力してくれたメンバーの皆さんには、改めてお礼を申し上げたいと思います。



さて、今回の富嶽ですが、大まかに図で表すとこのようになります。



kotomap2


前回と比べると継続回復の発信機が左から右に変更され、左翼発信機のスキルが富嶽全部位攻撃力アップとなっております。

また、各機銃において発信機もしくは機銃そのものが攻撃された事をトリガーとするSPの上昇スキルは健在でした。

今回の「超高難易度」は更に各部位の耐久も上昇しており、前回よりも破壊するスピードが下がった為やや長期戦となりました。それ故、初動どの部位をデバフで鈍化させ、どの部位を最優先で叩くか思考を巡らせる必要があったのではないかと思います。

今回の攻略において私が重視した一部パイロットを紹介します。


pso20190817_212516_2000
「荒野と対空 キリエ」

初動から相手に強化効果1つ解除+強化不可のスキルが非常に優秀です。効果時間も50秒と長く、この間に富嶽の1~2部位を破壊する事も可能です。
強化不可効果が付いている間は左右発信機のバフ系も跳ね除ける為富嶽攻略の要とも言えるものでした。

またスペシャルスキルも範囲が放射状広範囲+である為、手動操作なら複数の部位に打撃を与える事も出来ます。




kotobuki20191118_212516_00004
「剃刀飛燕 ツバキ」

有利色ではない赤色属性のツバキですがスキルがどれも優秀です。
スペシャルスキルは円状中範囲と決して大きくはないですが命中させれば回復効果を妨害し、一部行動をトリガーにDOTダメージも付与出来る「損傷」が肝となります。

「恋のおみくじ屋 リリコ」も損傷を付与出来ますがこちらはツバキが与える損傷と比べるとDOT効果が小さく与ダメージには貢献しにくいのが特徴であり、しかも2回限定と限られています。

またツバキはバッシブスキルも優秀であり、回避35%無視のダメージ射撃、更に自身のSPゲージを400上昇させる等、継続的な一手を担えるのも特徴です。



kotobuki20191221_0001
「真夜中の悪戯 シアラ」

こちらは前回の富嶽戦においてもキーポイントとなったパイロットです。

一回のみの限定ですが初動敵のSPゲージ上昇率を90%減少させます。
これによって機銃の範囲スキルを遅らせる事が出来、味方の生存率と攻撃のチャンスを上げる事が可能です。


さて、ではここからは私個人の攻略方法を載せます。

まずは下記図のように操作していきます。



kotomap3


初動戦闘開始時すぐに照準を中央の機銃に設定し、キリエとシアラのデバフを載せます。
初動でこの2つのデバフが付かなかった場合は画面右上より終了し、やり直し推奨です。

2つのデバフが中央の機銃についたのを確認したらすぐに後方の機銃に照準を変え、これを集中攻撃で撃破します。
その後無駄な動きを避ける為、そのまま真っ直ぐ進行し、デバフで足止めしていた中央機銃を叩きます。
ここで下手に発信機に照準を移すと戦闘機の進路が左右にふらつき与ダメージが低下する為、なるべく無駄の無い動きへと誘導していきます。
その為、中央機銃撃破後は進路を変えず頭部の機銃を撃破、先に発信機ではなく機銃の撃破に努める事で味方支援部隊の消耗を最小限に抑えていきます。

ここまで来ると支援部隊が既に左右どちらかの発信機の耐久をある程度削っている為、耐久が低い方の発信機を撃破、そして最後に残った方の発信機を撃破し、本体を攻撃して終わりです。

この最中、どうしても左右発信機のスキルが発動してしまいますが、ここで役に立つのが初動キリエが付与した強化不可デバフです。

持続時間が50秒と長い故、左右の発信機のスキルを一度程度ならやり過ごす事が可能です。

また「損傷」がかかっていれば、例え強化不可デバフが消えても継続回復の効果は無力化出来る為、有利色ではありませんが継続的に損傷を付与出来るツバキを起用したという事です。



以上、私個人の富嶽攻略の情報を記載させていただきました。

今回も同盟内ランキングでは「2位」という事で、まずまずの戦果は挙げられたのではないかと思います。
デバフやバフの事をよく理解する事、それが今後の同盟戦の攻略のカギになってくると思われます。

有利色を揃えて挑む事も重要ですが、より深く、かつ効率的な運用の為、今回の富嶽戦は考える事と調べる事に重点が置かれた有意義なイベントであったと思います。


それでは、また次の記事でお会いしましょう!

良い空の旅を!




こんにちわ!こんばんわ、おはようございます!

スマホアプリ、「荒野のコトブキ飛行隊 大空のテイクオフガールズ!」にて同盟「エーデルリッター」を管理しているディセンダーです!

今回は第三回になります同盟戦「富嶽襲来」のレポートとなります。



hugaku3



今回よりランキングが実装され、富嶽司令機戦の戦績ポイントを同盟メンバー上位10名の合計点によってランキングが競われる仕様へと変わりました。

当同盟では最終的に「64位」という事で、上位100の中に入る事が出来、尽力してくれた同盟メンバーの皆さんに改めてお礼を申し上げたいと思います。

さて、今回の富嶽戦ですが、ランキング制によって前回前々回よりも富嶽を沈める時間、そして自身と支援部隊双方の合計耐久値が重要となるものでした。


富嶽の右翼左翼を早期に潰す事によって本体への与ダメージが上がるようになったものの、中央の機銃3個のスペシャルスキル発動の速さに加え、とくに左翼は早期に撃破しないと富嶽全部位に強力な継続回復効果が付いてしまう等、「部位破壊する順番」がポイントとなっていました。

私自身は同盟内ランキングにおいて「2位」を取得し、ある程度の全様が見えてきたものの、私の部隊の火力不足に悩まされる事となりました。

富嶽司令機においては有利色が「緑」という事、そして緑属性のパイロットが50%能力アップという事で、これも重要なファクターだったと思います。

自身の部隊と支援部隊双方の「火力」が求められ、有利色のパイロットを編成出来ないと苦戦する内容になったかと思います。



さて、では今回の富嶽の全様をまずは把握して見てみたいと思います。


hugakumidori1


富嶽(司令機)は主にこのようになっており、このほか、各部位パッシブスキルとして一定時間後SP上昇を持っていたと思われます。

発信機を攻撃中にあまりにも早い機銃からのスペシャルスキルに苦労した船長さんも居たかと思います。

故に、味方全機の「火力」が求められたという事だと思います。

さて、倒す順番ですが、私個人の感覚としてまずは継続回復のスペシャルスキルを持つ左翼発信機に始まり、右翼発信機を味方支援部隊に任せ、右翼方面にスペシャルスキルを放つ機銃2、次いで機銃3、最後に機銃1という運びで破壊していました。

ここで重要なのが、支援部隊側、もしくは自身の部隊のいづれかに今回富嶽戦より実装された限定パイロットである「真夜中の悪戯・シアラ」が編成されているかどうかです。



kotobuki20191221_0001



今回実装のシアラはスペシャルスキルで敵全体の回避を低下させ、パッシブスキルでは敵にSP障害を与える能力を有します。

早期撃破において敵の防御を下げるシアラのスキルは必須であり、クリアタイムに大きく影響するものとなりました。

また、富嶽の各機銃より放たれるスペシャルスキルよりも早く両翼の発信機を潰す必要があり、全体的な火力も欲しく、能力上昇機体が現在最高レベルの強さを持つ「震電」であるシアラは支援、火力ともに優秀である事が判明しました。

私がメンバーの支援部隊を借り、司令機を撃破したタイムは最速で残り「4分15秒」台前後です。

支援部隊は自身で標準を変えれない事もあり、支援部隊が最初に何処を狙うかも重要になってきます。

運も左右する富嶽戦ですが、「真夜中の悪戯・シアラ」の編成と自身の有利色パイロットの育成により比較的高ポイント狙う事が可能であった今回の同盟戦はランキングの実装と重なって非常に有意義なものとなったと思います。




以上、久しぶりの掲示板更新となりました。

それでは皆さん、良い空の冒険を!






↑このページのトップヘ